Home » 心のリセット法 » がんばりすぎてしまう、あなたへ… 読んで癒される本5選

がんばりすぎてしまう、あなたへ… 読んで癒される本5選もやもやイライラ眠れない夜は

 category : 心のリセット法 

がんばっているのに認めてもらえない、もっともっとと求められてしんどい、上司・同僚とそりが合わないなど、もやもやイライラする心をふっと休める、そんな本をご紹介します。


がんばりすぎてしまう、あなたへ

初版からおよそ10年を経た現在でも「心が疲れたときに読みたい本」として受け継がれ、書棚にキープしている人も数多い名作です。
(アマゾンでも在庫が少ないときが多いです)


自分は「しんどい、苦しい」という言葉をグッと飲み込んで、毎日を懸命にがんばっているのに報われない、またはただ「がんばっているね」の一言があるだけで救われるのに・・・。


そんな思いを抱えている方に、おすすめしたい一冊です。


宇佐美 百合子¥ 1,155


同じシリーズで、とくに恋愛に特化したものもあります。
恋の悩みで眠れない・・・そんな夜にいかがですか。

宇佐美 百合子¥ 1,155




人生はニャンとかなる!

これは最近発売された本で、各所で話題にのぼっているのでご存じの方も多いと思います。


これは可愛くて、ときにユーモラス、ときに哀愁を漂わせ、はては悟りをひらいたかのような猫たちの写真と、その写真に絶妙にマッチする「癒される言葉・元気の出る言葉」で構成されている本で、例えば


・子猫が無防備に仰向けで寝ている写真
 「隙があるからスキになる」



・大人猫と子猫が寄り添う写真
 「言葉より、スキンシップ」



といった感じで、ここに出てくる言葉は全て、マザー・テレサや本田宗一郎、マリリン・モンロー、ココ・シャネルなど、世界の偉人たちの言葉なのです。


さらに彼らがその言葉を口にするに至ったエピソードも添えられていて、ここにも毎日を生きるヒントが隠されています。


そして、次に紹介する「人生はワンチャンス」にも共通した特徴は、1ページごと切り離して、ポストカードのようになるという点です。


これが出来ると、どこか目に付きやすい場所、例えばオフィスで写真立てに入れたり、家の冷蔵庫の前に貼ったり、落ち込んでいる友人にメッセージカードのように渡したりと、色々な使い方が可能になるんですね。


特にオフィスのモンスター上司やシュガー部下、お局様、ママ友とのつきあいや、学校でのトラブルなど、人間関係にストレスを感じている方におすすめです。



水野 敬也¥ 1,470




人生はワンチャンス!

こちらは「人生はニャンとかなる!」よりも先に発売された、犬たちをテーマにした一冊です。


中身の構成は「ニャンとかなる!」とほぼ一緒ですが、より人生に励ましを与えてくれるような「大変だけど、明日もまたがんばろうよ!」と応援されている気がしてくる本です。


さらにこちらは先に出たせいもあるのか、Kindle版を購入して、仕事の移動中や休憩時間など、ちょっとした空き時間にスマホで読む人も多いようです。


また店舗を経営している方などは、お客さまの待ち時間対策として、「ニャン」と合わせてお店に置いておくと評判が良いのだそうです。


仕事がつらいと感じるときがある、自分は何のために毎日がんばっているんだろう・・・そんな気持ちを抱えている方におすすめです。



水野敬也¥ 1,470




天国までの百マイル

映画にもなっている浅田次郎の作品で、経営していた会社が倒産、妻とは離婚、いくばくかの収入も養育費に消えてしまうため、知人の世話になっているという男性が主人公です。


ある日、疎遠にしていた母が重い病で入院し、余命わずかと聞かされた彼は、唯一母を救ってくれる可能性のある医師のもとへ、自らが運転する車で母を連れていく、その道中で余命わずかな母との家族の絆をふりかえる、というストーリーで、そのドライブの距離が百マイル、というわけです。


これは映画よりも原作本の方がずっと良いという意見が多く、読むと男性でも必ず泣いてしまう(号泣してしまう)作品として有名です。


大人になると、普段泣くことってあまりありませんよね。


でも泣くというのは案外、心の重荷を軽くする効果があるものだと思います。


「思い切り泣いて、心のもやもやを洗い流したい」という方におすすめの一冊です。



浅田 次郎¥ 500


時任三郎¥ 1,980
というわけで、気に入りそうな一冊は見つかりましたか?

今度の休みにでも、よかったら試してみてください。

Copyright(c) 2014 もやもやイライラ眠れない夜は All Rights Reserved.