Home » 心のリセット法 » 保護猫カフェへ行ってみる

保護猫カフェへ行ってみるもやもやイライラ眠れない夜は

 category : 心のリセット法 

あなたは「猫」カフェ、好きですか?


犬でも猫でもハムスターでも、熱帯魚でも、生き物にふれることは、動物が苦手でない限り、私たちがホッと出来る瞬間ではないでしょうか。


猫カフェの始まりは、住宅事情や単身で面倒が見れない、でも動物と触れ合う場所が欲しいというニーズに答えたものだったと思いますが、いまでは随分知っている人もふえて、行ったことがあるという人も多いかもしれませんね。


もちろん普通の猫カフェでも、行ってみれば心のもやもや、ストレスは軽くなるでしょうが、今回のお話は「保護猫」カフェなのです。


保護猫カフェとはつまり、飼い主さんの事情などで捨てられた猫、病気やケガをして単独では生きられなくなった猫などを、新しい飼い主さん探しを兼ねて置いているカフェのことです。


ここはそういった、やんどころ無い事情の猫が集まっていますので、誰からも可愛がられる美人猫、まあ人間で言えば北川景子や岡田准一のような猫ばかりでなく、これといってルックスが良いとか、特別な才能があるわけではないけれど、けなげに生きている猫もいます。


そういう猫たちを見たり、ふれたりしていると、不思議とくよくよしている自分がちっぽけに思えたり、心が落ち着いてくるものです。


それはきっと、私たちに似ているなと思うからかもしれません。


たとえ特別な才能がなくても、ひときわ美形でなくとも、お前は駄目だとか他人に言われようとも、この世に生まれた以上、生きていくしかないわけで、猫にしたって何も好き好んで“保護猫”カテゴリーに入っているわけではないんですよね。


しかし命がある以上、飼い主に捨てられようが、目を片方やられようが、事故でびっこを引く体になろうが、与えられた場所に生きているわけです。


そういうのを見てると愛しさがふつふつと湧いてくるのを感じます。


この愛を感じるっていうのが、心にいいのかもしれません。


もちろんもし波長の合う猫がいて、もろもろの条件が合えば、自分の家に引き取ることも出来る仕組みなので、そういう出会いを求めて訪れるお客さんの方が大半ではあるんですが、気持ちがささくれだった時に行ってみると、不思議とイライラした心を落ち着けてくれる場所だと思います。


ただ一つ注意したいのは、保護猫カフェはオーナーさんの方針によって、運営方法に違いがあるという点です。


普通の猫カフェのように、くつろいでお茶を飲みながら猫とふれ合えるところばかりではなく、もっと保護シェルター寄りで、里親になる前提で猫を見に来て欲しいというところもありますので、そこはオーナーさんの運営方針をネットなどで確認してから行ってみる方が良いかもしれません。


まあ猫たちは、こちらの気持ちなどおかまいなしで生きてるんですが、そういうところがまた、こちらをホッとさせてくれるんですよね。


あんまり他人の目っていうのは、気にしすぎなくていいやという気になりますよ。

Copyright(c) 2014 もやもやイライラ眠れない夜は All Rights Reserved.